目の色はなぜ人によって違うのか

目の色はなぜ人によって違うのか

国によって、瞳の色は違います。日本人の中でも真っ黒な瞳の人もいれば茶色系の瞳の人もいます。瞳の色はメラニンの量によって変わります。
メラニンの量によって、虹彩の色が変化し、黒や茶色に見えるのです。メラニンが多いと、黒く見え、少なくなると茶色、それよりも少なくなると、緑、それ以上ですとブルーに見えます。

 

国によって瞳の色が違うのは国の環境により、紫外線の量が多い国の場合には黒系であり、紫外線の量が少ないとブルーになります。そのためブルーの瞳の人は光に弱いとされています。

 

紫外線が弱い国の人にはそのような遺伝子が伝わっているということです。肌の色も瞳と同じで、紫外線が多い国の人は肌が黒いですし、青い目や色の白い国の人は紫外線が弱いと言えます。黒人で目が青いという人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

ハーフである場合には、日本人でも、瞳の色が違い、とてもかわいく見えます。

 

そのため、カラコンを利用して、ハーフを演出する若い女性は増えています。

 

髪色を変えてカラコンを利用すれば、簡単にハーフや外国人を演出できるのですが、実際に、顔が日本風の場合には、ハーフ顔にすることは難しいかもしれません。目鼻立ちがはっきりしている人の方が、ハーフ顔を演出しやすいと言えます。

 

カラコンを利用することで少しでも自分が思い描いていたイメージを簡単に作り出すことができますから、自分の顔立ちに似合うカラコンを探してみてください。

関連ページ

目を大きくする方法
目を大きくする方法を説明します。
目に良いとされる食べ物
目に良いとされる食べ物を説明します。
目に起こる病気について
目に起こる病気について説明します。
視力を回復する方法
視力を回復する方法について説明します。
目の下のクマを解消する方法
目の下のクマを解消する方法について説明します。
目の構造について知る
目は色々な物を映し出す役割があります。その構造はとても複雑です。