目の構造について知る

目の構造について知る

目は色々な物を映し出す役割があります。その構造はとても複雑です。

 

瞳の黒い部分は角膜で覆われており、その下には虹彩と水晶体があります。目の中はガラス体と呼ばれている物でうめられています。

 

角膜は皮膚のようなもので、5層にもなり、瞳を守っています。虹彩は瞳に入ってくる光の量を加減する役割があり、水晶体も光の屈折調節などの役割があります。

 

瞳の後ろ側には、網膜があり、形や色などを認識する役割があります。虹彩の上下にはピントを合わせる毛様体がありますし、他にも様々な役割を担う神経が集まり、瞳から物を映し出しているのです。老眼になる場合には水晶体が衰えて起こりますし、様々な機能の低下により、近視や遠視が起こります。

 

カラコンを装着する場合、黒目の上にカラコンを装着しますから、角膜の上に直接レンズをのせることになります。そのため、上手く入らなかったり、ドライアイが進行してしまうと、角膜を傷つけてしまうのです。

 

カラコンを使用する場合には、角膜にしっかりと密着させる必要がありますから、まぶたを上下に開き黒目の上にそっとのせるようにしましょう。無理に押し込んだり片目をつぶったまま装着しないようにしましょう。

 

外すときも角膜に傷をつけないように注意しなければいけません。カラコンだけを優しく引っ張ると簡単にとれるのですが、角膜までひっぱってしまわないようにしましょう。目は替えがきかない大切な臓器です。衰えてしまった機能を元に戻すことは難しいですので大切にしましょう。

関連ページ

目を大きくする方法
目を大きくする方法を説明します。
目に良いとされる食べ物
目に良いとされる食べ物を説明します。
目に起こる病気について
目に起こる病気について説明します。
視力を回復する方法
視力を回復する方法について説明します。
目の下のクマを解消する方法
目の下のクマを解消する方法について説明します。
目の色はなぜ人によって違うのか
国によって、瞳の色は違います。日本人の中でも真っ黒な瞳の人もいれば茶色系の瞳の人もいます。