コンタクトレンズと医療費控除について

コンタクトレンズと医療費控除について

コンタクトレンズの購入は医療費控除の対象となる場合とならない場合があります。

 

対象となる場合には眼科医で治療が必要となり、コンタクトレンズを使用しなければいけない場合には医療費控除の対象となりますが、カラコンの場合には医療費控除の対象にはなりません。

 

カラコンではなく、一般のコンタクトレンズの場合でも、近視や乱視、遠視老眼などの理由により、コンタクトレンズを使用する場合には医療費の控除には使うことができません。

 

弱視や斜視、変性近視、緑内障手術後などの場合には医療費の控除を利用することができます。基本的にはコンタクトレンズが治療に必要であると判断された場合のみが医療費控除に利用することができるというわけです。

 

カラコンの中にも視力を矯正するものもありますが、基本的にカラコンはファッションアイテムとされているので、処方箋があったとしても、カラコンを医療費控除に利用することはできません。

 

メガネの場合には、処方箋があれば、医療費控除の対象になります。メガネ屋さんで作ったメガネは医療費控除の対象とはなりませんので注意してください。

 

医療費控除を利用するには、1年分の医療費が10万円を超えていないと医療費控除はできません。コンタクトレンズだけではなく、メガネや通院代も含めて10万円を超えると確定申告ができます。

 

もちろん、眼科だけではなく、様々な医療機関の合計金額で10万円を超えれば申告することができますから、1年分の領収書を保管しておくと良いでしょう。

関連ページ

コンタクトレンズとは
コンタクトレンズの概要を説明します。
コンタクトレンズとメガネの違い
コンタクトレンズとメガネの違いを説明します。