コンタクトレンズとメガネの違い

コンタクトレンズとメガネの違い

コンタクトレンズとメガネはどちらも、視力が悪い人が視力矯正の為に用いる補助器具です。

 

コンタクトレンズもメガネもどちらも視力を良くする効果がありますが、メガネは目の上にかけますから邪魔に感じる人が多い分、コンタクトレンズは瞳の中に装着しますから、あまりつけている違和感を感じることはないと言われています。

 

メガネにより視界をさえぎることもありませんし、曇って前が見えないという事もないので、人気があります。

 

メガネの場合には、フレームの種類や色、レンズの大きさなどを変えることでお洒落を演出することができますが、コンタクトレンズを使用する場合でも、カラコンを利用してお洒落をすることができます。カラコンはメガネよりもお洒落を演出することができますので、色を変えるだけではなく、目力アップも目指すことができます。

 

メガネの方はケアがいらず、外すだけですので簡単に使用できますし、眼病を心配する必要はありませんが、コンタクトレンズの方がつけている違和感を感じにくく、片目ずつで矯正の度数を変えることができるために、カラコンを利用する人が増えているのです。

 

最近では、カラコンも含め、コンタクトレンズを利用する人が急増しています。自分にとってどちらが使いやすく、どちらが好みであるかを決めると良いと思いますが、コンタクトレンズと、メガネ、カラコンを使い分け、ファッションによって、どれを使うかを検討するのも良いでしょう。

関連ページ

コンタクトレンズとは
コンタクトレンズの概要を説明します。
コンタクトレンズと医療費控除について
コンタクトレンズの購入は医療費控除の対象となる場合とならない場合があります。