負担をかけない使用法

目に負担をかけないカラコンの使用法

カラコンは少なからず瞳に負担をかけてしまいます。ですが、その負担を最小限にすることも可能です。
装着する時に、必ず、手を洗い、爪の中まで綺麗に洗浄しましょう。そして、新しいカラコンであっても、装着前に洗浄液で軽く洗ってから装着しましょう。
できるだけ、長時間、長期間利用できるタイプではなく、ワンデータイプの物を選ぶようにしましょう。ワンデータイプの物は薄く作られていますから、酸素や水分を通りやすくしなっていますし、保存方法の失敗により、眼病を引き起こすリスクを避けることもできます。

 

カラコンの選び方も重要です。眼科で、自分のカーブを調べてもらい、そのカーブに合わせたカラコンを利用すると、目の負担が軽減できます。たくさんカラコンの種類が出回っていますが、医療用のカラコンを選ぶ方が良いでしょう。信頼度が増します。

 

利用してみることで、着け心地が良いと思うようなカラコンを選ぶことも大切です。初めてカラコンを利用する場合には着け心地が良いと思うのには時間がかかるかもしれません。

 

ですが、様々なメーカーの種類を利用すると、着け心地が良く、目に負担がかかっているかどうかがわかるようになります。カラコンを利用している時に、違和感が消えないような場合には、自分の目に合っていないと考えましょう。

 

カーブがあっており、目が乾燥していなければカラコンの利用にはあまり異物感を感じることがありませんから、着け心地が悪い場合には、目に負担がかかっている場合が多いのです。

関連ページ

安全なカラコンを選ぶ方法
安全なカラコンを選ぶ方法を掲載します。
カラコンの保存方法
カラコンの保存方法を掲載します。
ドライアイを防ぐ方法
カラコンをしている時のドライアイを防ぐ方法を紹介します。
カラコンで起こる疾患
カラコンを使用することで起こる疾患について説明します。
注意すること
カラコンを使用する場合に注意することについて説明します。