ドライアイを防ぐ方法

カラコンをしている時のドライアイを防ぐ方法

カラコンを利用することで一番多い目のトラブルはドライアイだと言われています。

 

ドライアイと気が付いていない人も含め、かなりの人がカラコンを利用することでドライアイになってしまうそうです。ドライアイになると、カラコンがくもって見える場合や、目やにが多くなってしまう事があります。

 

コンタクトレンズ装着時でも利用できる、ドライアイ専用の目薬を使用することで、多少改善できますが、ドライアイが酷くなると、角膜に傷をつけてしまうこともありますので注意しましょう。

 

カラコンの中には目が乾きにくいタイプのカラコンもあります。一般的に販売しているカラコンより、値段は高い傾向ですが、ドライアイが酷い場合でもカラコンを利用したい場合には、ドライアイになりにくいとされている、シリコンハイドロゲルなどを使用したカラコンを選ぶようにしましょう。

 

自分がドライアイかどうかチェックする方法は、10秒間目を開けていられるかどうかです。カラコンを利用している人は是非10秒チェックをしてみてください。

 

特に長い期間利用できるタイプのカラコンの場合にはカラコンの厚みがありますから、それだけ酸素や水分を通しません。薄ければ薄いほど、ドライアイになりにくいとされています。ドライアイが気になる人はワンデータイプの物を使用するという方法もあります。

 

安全性の高いサンドイッチ製法は厚みがありますので、カラコンを利用する場合にはドライアイに注意して利用しましょう。

 

関連ページ

安全なカラコンを選ぶ方法
安全なカラコンを選ぶ方法を掲載します。
カラコンの保存方法
カラコンの保存方法を掲載します。
カラコンで起こる疾患
カラコンを使用することで起こる疾患について説明します。
負担をかけない使用法
目に負担をかけないカラコンの使用法を説明します。
注意すること
カラコンを使用する場合に注意することについて説明します。