カラコンで起こる疾患

カラコンを使用することで起こる疾患

カラコンを正しく利用しないと、様々な眼病を起こします。

 

長時間つけたままにしておくことで起こる疾患は、角膜新生血管という、酸素不足により、血管が伸びてしまう疾患です。カラコンを装着するのをやめると改善しますが、血管が伸びてしまった部分を治す事はできません。黒目に向かって血管が伸びていくことで症状が発見されます。

 

同じ酸欠で起こる疾患に、水疱性角膜症があります。酸欠により、角膜が透明に保てなくなり、濁ってしまうのです。将来的には白内障の危険性も増えてしまいます。

 

他の疾患としては、瞳に炎症を起こしてしまい、充血してしまうことや、角膜の奥深くまで炎症を起こしてしまう、角膜潰瘍や角膜浸潤という疾患まであります。

 

症状によっては、完全に改善することのないような疾患もありますので、カラコンを利用する場合には、利用法をきちんと守りましょう。

 

きちんと消毒や洗浄をしない場合には、瞼の中にブツブツがたくさんできてしまう、巨大乳頭結膜炎という疾患も報告されています。他にもカラコンを利用している時にバーベキューをしていたら、カラコンが熱によってとけ、瞳全体をやけどしてしまうということもあります。カラコンはプラスチックですから、火元に近づきすぎないようにしましょう。

 

カラコンを利用する場合には、必ず、消毒、殺菌をし、決められた利用時間を守ることが大切です。カラコンを利用することで起きるデメリットを理解した上で使用方法を必ず守るようにしましょう。

関連ページ

安全なカラコンを選ぶ方法
安全なカラコンを選ぶ方法を掲載します。
カラコンの保存方法
カラコンの保存方法を掲載します。
ドライアイを防ぐ方法
カラコンをしている時のドライアイを防ぐ方法を紹介します。
負担をかけない使用法
目に負担をかけないカラコンの使用法を説明します。
注意すること
カラコンを使用する場合に注意することについて説明します。