カラコンを安全に使用する

カラコンを安全に使用する記事一覧

安全なカラコンを選ぶ方法

最近では粗悪品が多数出回っているカラコン業界ですが、安心で安全なカラコンを選ぶ方法はかなり難しいとされています。芸能人のプロデュースであっても、色落ちがするカラコンもありますし、どのカラコンサイトを見ても安全と書いてあります。では、どのようにして選ぶと良いのでしょうか。眼科医の中にはカラコンを取り扱...

≫続きを読む

 

カラコンの保存方法

カラコンはコンタクトレンズと同じ取扱い方法で保存しなければいけません。ワンデータイプの場合には、そのまま処分してしまって構わないのですが、数日使えるタイプのカラコンの場合には、必ず保存液に入れて保管しましょう。カラコンはソフトコンタクトレンズですから、ソフトコンタクトレンズが保存消毒できるタイプの物...

≫続きを読む

 

カラコンをしている時のドライアイを防ぐ方法

カラコンを利用することで一番多い目のトラブルはドライアイだと言われています。ドライアイと気が付いていない人も含め、かなりの人がカラコンを利用することでドライアイになってしまうそうです。ドライアイになると、カラコンがくもって見える場合や、目やにが多くなってしまう事があります。コンタクトレンズ装着時でも...

≫続きを読む

 

カラコンで起こる疾患

カラコンを正しく利用しないと、様々な眼病を起こします。長時間つけたままにしておくことで起こる疾患は、角膜新生血管という、酸素不足により、血管が伸びてしまう疾患です。カラコンを装着するのをやめると改善しますが、血管が伸びてしまった部分を治す事はできません。黒目に向かって血管が伸びていくことで症状が発見...

≫続きを読む

 

目に負担をかけないカラコンの使用法

カラコンは少なからず瞳に負担をかけてしまいます。ですが、その負担を最小限にすることも可能です。装着する時に、必ず、手を洗い、爪の中まで綺麗に洗浄しましょう。そして、新しいカラコンであっても、装着前に洗浄液で軽く洗ってから装着しましょう。できるだけ、長時間、長期間利用できるタイプではなく、ワンデータイ...

≫続きを読む

 

カラコンを使用する場合に注意すること

カラコンは2009年から、薬事法が変更になり、医療機器へと変更されました。今までたくさん出回っていたカラコンの粗悪品がほとんどなくなり、安心して使用できるものが増えました。ですが、それでもまだ粗悪品と呼ばれるカラコンは存在します。粗悪品を購入しないようにすることが一番注意しなければいけない事です。保...

≫続きを読む